お知らせ

NTT東日本から、お客さまへのお知らせです。

お客さま各位
一部ひかり電話対応ホームゲートウェイとIP電話対応ブロードバンドルータ「Web Caster V130」を組み合わせてご利用のお客さまへ

情報掲載日:2018年02月28日

情報掲載日:2017年08月09日

東日本電信電話株式会社

《対象事象解消のお知らせ》

NTT東日本が提供している、一部ひかり電話対応ホームゲートウェイ(PR-500MI、RT-500MI、RS-500MI、PR-400MI、RT-400MI、RV-440MI)(以下、HGW)と、IP電話対応ブロードバンドルータ 「Web Caster V130」(以下、V130)を組み合わせてご利用の場合、一部電話機でひかり電話が着信直後に切断され、利用者が電話を取れない事象が発生することが判明しました。

ご利用のお客さまには大変なご迷惑とご不便をお掛けしますことをお詫び申し上げます。
事象対象のお客さまには、無償にてHGWの交換対応を実施させていただきます。

(2018年02月28日 追記)
本事象は、2018年1月下旬以降に順次実施されております、HGWの自動バージョンアップにて、対策済みファームウェアが適用されたことにより解消されております。

  1. 事象概要
    • (1)事象が発生する機器の組み合わせ

      ①、②、③の機器を「(3)本事象が発生する構成」に記載された構成にて利用した場合に、本事象が発生いたします。

      • ひかり電話対応ホームゲートウェイ
        「PR-500MI」、「RT-500MI」、「RS-500MI」、「PR-400MI」、「RT-400MI」、「RV-440MI」
      • IP電話対応ブロードバンドルータ
        「Web Caster V130」
      • ③電話機
        「900-P」、「ハウディ・クローバホンSIII」、「ハウディ優V」、「DCP-5400P/5400Pw」、「DCP-5600P/5600Pw」、「DCP-5700P/5700Pw」、「DCP-5800P/5800Pw」

      ※上記のNTT東日本で販売中製品以外の、お客さまでご用意された電話機も対象となる可能性がございます。

      <対象機器の確認方法>
      【別紙】を参照願います。

    • (2)発生事象

      HGWの配下に V130を接続する多段構成において、050IP電話および、ひかり電話を同時利用する場合に、一部HGWとV130および、一部電話機との組み合わせ、かつナンバー・ディスプレイ利用なしの設定にて、ひかり電話が着信直後に切断され、利用者が電話を取れない事象が確認されました。

      ※050IP電話の着信には問題ございません。

    • (3)本事象が発生する構成
      本事象が発生する構成

      ※本事象の発生は、上記の対象機器の組み合わせ構成の場合となります。

  2. お客さまへの対応とお願い

    (2018年02月28日 更新)
    本事象については、2018年1月下旬以降に順次実施しておりますHGWの自動バージョンアップにて、対策済みのファームウェアが適用されたことにより解消されております。
    なお、自動バージョンアップ機能を無効にされている場合等、ファームウェアの最新化が行われていない場合は、下記のURLからファームウェアをダウンロードしていただき、バージョンアップを実施していただきますようお願いいたします。

    • PR-500MI:ファームウェア Version 05.00.0010以降対策済み
    • RT-500MI:ファームウェア Version 05.00.0010以降対策済み
    • RS-500MI:ファームウェア Version 05.00.0010以降対策済み
    • PR-400MI:ファームウェア Version 09.00.0007以降対策済み
    • RT-400MI:ファームウェア Version 09.00.0007以降対策済み
    • RV-440MI:ファームウェア Version 09.00.0007以降対策済み
  3. 本事象に関するお問い合わせ先

    (2018年02月28日 更新)
    ファームウェア適用による事象の解消により、「Web Caster V130」お客さまお問合せセンタについては、2018年2月28日(水)をもちまして終了させていただきます。



ピックアップ


■表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。 ■請求書などの発行有料化および無料でのご利用手続きなどについて、詳しくはこちら