クラウド対応デバイスサーバー N-TRANSFER(エヌトランスファー)

ファームウェア Ver.1.1 0 (2011/03/09)
公開日 2011/03/09
バージョン Version 1.1 0
ファイル バージョンアップ方法はこちらをご覧ください。
取扱説明書 取扱説明書はこちらから
※「フレッツ光 ライト」をご利用のお客さまについては、ソフトウェア等のダウンロードを 実施した場合、ファイル容量に応じて利用量に加算されます。

主な機能追加内容

ソフトウェア(ファームウェア) Ver.1.1 0

ご注意

バージョンアップ方法

【ご注意ください】
ファームウェアのファイルをダウンロードするパソコンと、ファームウェアをバージョンアップさせるN- TRANSFERは、同一LAN上に接続しておく必要があります。
  1. ファームウェアのファイルをダウンロードします。ダウンロードしたファイルを実行し、任意のフォルダに解凍します。
  2. 作成されたフォルダの中の“Ntverup.exe”を実行します。バージョンアップツールが起動します。
    ※バージョンアップを行う場合、付属のパケットドライバのインストールが必要です。本バージョンアップツールを実行時に、インストールメッセージが表示されますので指示に従いインストールしてください。
    ※Windows 2000でご利用される場合、パケットドライバを上書きインストールすると、OSの再起動を促すメッセージが表示されることがあります。その場合、メッセージに従って再起動していただくと、本バージョンアップツールは正常に利用することができます。

  3. N-TRANSFERをファームウェア更新準備状態にします。N-TRANSFERの操作手順については、以下の画面が表示されますので、表示内容に従ってN-TRANSFERを操作します。

  4. ネットワークに接続されているN-TRANSFERの検索を行います。N-TRANSFERを検索中には、以下の検索中画面が表示されます。

  5. 同一LAN上のN-TRANSFERが検索されます。バージョンアップする製品を選択してください。
    ※同一LAN上に複数のN-TRANSFERが接続されている場合は、全てのN-TRANSFERが検索されますが、バージョンアップはN-TRANSFER1台ずつの実行となります。

  6. バージョンアップ確認画面を表示します。【開始】を押すと、ファームウェアのバージョンアップを開始します。
  7. 【開始】ボタンを押した後、N-TRANSFERとの通信ができた場合、現在のファームウェアを削除し、新しいファームウェアへのバージョンアップを行います。


  8. 正常にファームウェアのバージョンアップが行えた場合には、N-TRANSFERは自動的に再起動します。

  9. ファームウェアのバージョンアップが正常に終了した場合には、正常終了確認画面が表示されます。
    【終了】を押すと本ツールは終了します。

ファイルのダウンロード

ダウンロードはこちらから
ピックアップ
法人のお客さまはこちら


■表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。 ■請求書などの発行有料化および無料でのご利用手続きなどについて、詳しくはこちら