Wi-Fi設定
アクセスポイントモード、またはクライアントモードの利用時の無線LAN内蔵パソコンなど、LAN側Wi-Fi接続の設定をします。
※クライアントモードでは、設定項目は限定されます。
 
本商品は、手動で接続先プロファイルを設定して接続する以外にも、らくらく無線スタートとWPSによる接続に対応しています。

■ マルチSSID
本商品の無線LAN通信では、2.4GHz帯および5GHz帯で4つの無線ネットワーク名(SSID)が利用可能です。それぞれのネットワーク名に対して、異なるセキュリティ設定(MACアドレスフィルタリング、暗号化)ができます。
2.4GHz帯通信と5GHz帯通信は同時利用が可能です。
 
<お知らせ>
  • 本商品では工場出荷状態で、SSID-2とSSID-4は「無線ネットワーク名(SSID)の隠蔽」が「隠蔽を使用する」に設定されています。

■ デュアルチャネル
本商品では、無線LAN通信で利用する通信チャネルの幅を、従来の20MHz幅から40MHz幅に拡大することにより、従来比約2倍の通信速度(規格値最大300Mbps)を実現するデュアルチャネル通信機能を搭載しています。

■ チャネル
「自動設定」にすると、本商品の起動時に、周囲にあるアクセスポイントを検出し、電波状態の良いチャネルを自動選択します。

■ マルチキャスト伝送速度
マルチキャストの伝送速度を設定する機能です。
無線で動画などを視聴する際に映像が乱れたり、停止したりする場合には、設定されているレートより上のレートに設定してください。

■ MACアドレスフィルタリング
MACアドレスを使って、本商品に登録された無線LAN端末とのみ無線データ通信できるようにする機能です。 これによって、他の無線LAN端末からLANやインターネットなどへ接続するのを防ぐことができます。

■ 無線ネットワーク名(SSID)の隠蔽
本商品や自分のパソコンなどに他の無線LAN端末から不正にアクセスされないようにする機能です。
無線LAN機器は、通信するお互いを識別するIDとして「無線ネットワーク名(SSID)」を使用します。
通常、この「無線ネットワーク名(SSID)」は検索可能で「無線ネットワーク名(SSID)の隠蔽」を使用することにより「無線ネットワーク名(SSID)」が不明な無線LAN端末から無線ネットワークの検索を行った場合に応答しないようにしたり、無線LAN端末からのANY接続(どの無線LANアクセスポイントにも接続できる特殊なSSID)を拒否することができます。

■ ポートセパレート
SSID間の通信を許可するかどうかを設定します。
「使用する」に設定すると、異なるSSIDに接続している無線機器同士の通信ができなくなります。

■ 暗号化
暗号化方式には、WEPとWPA/WPA2があります。
  WEP(Wired Equivalent Privacy)
    WEPとは、ユーザが指定した任意の文字列(WEPキー)を本商品と無線LAN端末に登録することによって、WEPキーが一致した場合のみ通信できるようになる機能です。
本商品と無線LAN端末との間で送受信される無線通信データを暗号化して保護しますので、第三者からの傍受や盗聴から守ります。
   
[128bitWEP]     [64bitWEP]   の順で強い暗号がかかります。
[暗号強度]    
 
<お知らせ>
  • 同一無線ネットワークにおいて、64bitWEPと128bitWEPの混在はできません。


  • 暗号強度40bitは64bitWEP、暗号強度104bitは128bitWEPのことです。


  • WEP機能は、完全に傍受や盗聴から守ることを保証するものではありません。セキュリティを向上させる機能の1つであるということをご理解いただき、ご使用ください。


  • WEPに設定すると無線通信のスループットが遅くなります。


  • 本商品と接続されている無線LAN端末の間で暗号化を行うときは、下記の設定を同じにしてください。
    • 「使用するWEPキー(キーインデックス)」
    • 「WEPキー」(入力方法/文字列)
 
  WPA(Wi-Fi Protected Access)/WPA2 (Wi-Fi Protected Access2)
    WPA/WPA2は、WEPに換わる、より強固な暗号化方法です。
WPA/WPA2で使われるTKIP(Temporal Key Integrity Protocol)は、その暗号化キーを一定時間ごとに自動的に変更するので、不正な解読が困難になります。
WPA/WPA2で使われるAES(Advanced Encryption Standard)は、128/192/256bitの暗号化キーを用いる次世代の標準暗号化方式です。
WPA-PSK(Wi-Fi Protected Access Pre-Shared Key)/WPA2-PSK(Wi-Fi Protected Access2 Pre-Shared Key)は、WPA/WPA2セキュリティ設定の1つです。
Pre-Shared Keyを 使って認証を行うので、認証サーバーを用意しなくてもWPA/WPA2セキュリティ設定を使用できます。
   
[AES] [TKIP] [WEP]   の順で強い暗号がかかります。
[暗号強度]    
 
    ※認証方式の強度
   
[WPA2] [WEP]   の順で強い暗号がかかります。
   
 
<お知らせ>
  • 本商品と接続されている無線LAN端末の間で暗号化を行うときは、事前共有キー(PSK)を同じ値に設定してください。


  • らくらく無線スタートを実行したときに、WPA2-PSK(TKIP)、WPA2-PSK(AES)に対応していない端末があります。その場合、手動で無線接続を行ってください。


  • WPA-PSK/WPA2-PSKに設定すると無線通信のスループットが遅くなります。

■ らくらく無線スタート
本商品とゲーム機などとの無線LAN設定を「Web設定画面」や「SETボタン」から簡単に行うことができる機能です。

■ WPS機能
本商品と無線LAN端末との無線LAN設定を「Web設定画面」や「SETボタン」から簡単に行うことができる機能です。
設定方法
■ 「Web設定画面」
「ネットワーク」 — 「Wi-Fi設定」で設定する。

↑ページのトップへ