お知らせ

お客様各位
ひかり電話対応ルータ「PR-200NE」及び「RV-230NE」をご利用のお客様へ

平成19年12月07日
東日本電信電話株式会社

 NTT東日本は、ひかり電話対応ルータ「PR-200NE」及び「RV-230NE」の最新ソフトウェア(ファームウェア)「Version 3.06」を平成19年11月下旬※1から提供しておりますが、お客様の設定によっては、「フレッツ・スクウェア※2」等のサイトに接続できない事象がごく稀に発生することが判明いたしました。そのため、NTT東日本では、当該ソフトウェアの提供を停止いたします。
 この度は、お客様に大変なご迷惑お掛けいたしましたことを深くお詫び申し上げます。
なお、ひかり電話による音声通話については、問題なくご利用いただけます 。

※1 「PR-200NE」ソフトウェア(ファームウェア)Version 3.06 平成19年11月21日提供
「RV-230NE」ソフトウェア(ファームウェア)Version 3.06 平成19年11月29日提供
※2 フレッツ・アクセスサービスをご利用のお客様がブロードバンドコンテンツ等を体感できるサイトです。
  1. 事象内容と対応方法
    (1) 事象内容
    「フレッツ・スクウェア」等のサイトに接続できない事象が発生します。
       
    (2) 対象となるお客様
    以下の3項目全ての条件を満たすお客様。
    1. 「PR-200NE」及び「RV-230NE」をご利用のお客様
    2. ソフトウェア(ファームウェア)Version3.06をご利用のお客様
    3. 静的ルーティング※3の設定を手動で実施し、宛先ドメイン名の冒頭に「*」を用いず設定したお客様
    (例)「*.flets」のところを「.flets」と設定

    ※3 パケットを宛先に届けるための経路情報をあらかじめルータに設定しておき、常に固定的なルートを選択する方法
       
    (3) 本事象への対処方法
    静的ルーティングの設定のうち、宛先ドメイン名の冒頭に「*」を設定しているお客様については、本事象は発生いたしません。「*」を用いず設定されたお客様については、「*」を設定いただくことで本事象の発生を防ぐことが可能です。
    (例)「.flets」という設定を「*.flets」へ変更

    「まるごと設定ツール※4」及び「フレッツ・超カンタン設定ガイド※5」にて「フレッツ・スクウェア」設定を実施した場合、宛先ドメイン名の冒頭に「*」が自動的に付与されるため、本事象は発生いたしません。

    ※4 「ひかり電話対応ルータ」に同梱されている設定ツールです。
    ※5 Bフレッツご契約者様全員にお送りしている「Bフレッツ開通のご案内」に同封されている設定ツールです。
  2. 今後のソフトウェアの提供予定
    現在、正しく動作するソフトウェア(ファームウェア)を用意しているところです。準備ができ次第(12月中旬目途)、新しいソフトウェアを提供いたしますので、ソフトウェアのバージョンアップ※6の実施をお願いいたします。

    ※6 バージョンアップを行うと通信は切断されます。またバージョンアップ中は、ひかり電話をご利用いただけません。
  3. その他
     本事象により、弊社提供サービスに影響を及ぼす可能性のあるお客様には、正しく動作する新しいソフトウェアへのバージョンアップについて、ダイレクトメール等により個別にご案内させていただきます。
      「フレッツ・スクウェア」等のサイトに接続できない場合については以下のお問い合わせ先にご連絡ください 。

    <フレッツ・スクウェアに接続できないことに関するお問い合わせ先>
    「NTT東日本フレッツサービスセットアップコンサル担当(光サポートセンタ)」
    フリーダイヤル:0120-275466
    (携帯電話からは0570-005202、PHSからはご利用いただけません ※有料)
    受付時間:年中無休24時間体制

    <本商品のお取り扱いに関するお問い合わせ>
    「IP電話対応機器取り扱い相談センタ」
    フリーダイヤル:0120-710444
    携帯電話・PHS・050IP電話用の場合:03-5667-7200(通話料金がかかります)
    受付時間:午前9時〜午後9時まで
    土日・祝日も営業(年末年始平成19年12月29日〜平成20年1月3日を除く)
ピックアップ
法人のお客さまはこちら


■表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。 ■請求書などの発行有料化および無料でのご利用手続きなどについて、詳しくはこちら