IPMATE 1600RD

Windows Vista対応 (2008/4/8)
ファームウェアVer1.11(2003/12/10)

機能追加内容

Windows Vista対応
  1. IPMATE1600RD本体のUSBポートにWindows Vista搭載パソコンを接続してご利用いただくためのWindows Vista専用ドライバを公開いたしました。
  2. Windows Vista専用のファームウェアバージョンアップツールを公開いたしました。
ファームウェアVer1.11
  1. ルーティング設定で「RIP」を選択している場合で、大規模なネットワークで使用され
    いる環境において、まれに動作が不安定になる事象について改善しました。
  2. LAN側からのNetBIOS関連のパケット受信によりダイヤルアップ発信(またはPPPoE接続)が行われる場合に、動作が不安定となる事象について改善しました。

ご注意

Windows Vistaをご利用のお客様へ USB-LAN接続機能をご利用のお客様へ

バージョンアップ方法

  1. IPMATE1600RD本体のLANポートまたはUSBポートに接続されているパソコンから、バージョンアップ用のパソコン(Windowsのみ)を決定します。
  2. バージョンアップ実行用のパソコンにおいて、本ホームページにアクセスして「本体ファームウェア」をダウンロードします。
    パソコン上にダウンロードしたファイルはダブルクリックで解凍されます。 解凍すると「IPMTv111」というフォルダが作成されます。
  3. バージョンアップを実行する以外のパソコンは、いったん取り外してください。

バージョンアップの実行:

取扱説明書・追加分

Ver1.10以降で追加された機能の取扱説明書(追加分)をご覧いただけます。
Windows Vista対応

Get Adobe Reader

上記の取扱説明書をお読みいただくためには、Adobe Readerをインストールしていただく必要があります。最新版のAdobe Readerのダウンロードとインストールについてはこちらをご覧ください。

ダウンロードファイル

Windows版 それぞれWindowsの自己解凍形式で圧縮されています。ダブルクリックで解凍すると出力先に指定されたフォルダにそれぞれフォルダが作成されます。
USBドライバ(Vista専用ドライバ除く)については、ダブルクリックで解凍すると、Cドライブ直下に「USB_DRV]というフォルダが作成されますので、そのフォルダ内の「1600rdum.exe」を実行してインストールを開始します。ユーティリティ類はフォルダ内の「Setup.exe」を実行してインストールを開始します。それぞれ、使用方法については、取扱説明書をご覧ください。
ピックアップ
法人のお客さまはこちら


■表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。 ■請求書などの発行有料化および無料でのご利用手続きなどについて、詳しくはこちら