VoIPアダプタ

VoIPアダプタへのバージョンアップお知らせ機能設定方法

バージョンアップお知らせ機能についてはこちらをご覧下さい

バージョンアップお知らせ機能を利用するには

Ver3.10よりお知らせ通知音の設定(ON、OFF)が可能となりました。バージョンアップお知らせ機能をご利用される場合は、「お知らせ通知音」の設定を「ON」にして頂きますように宜しくお願いします。
現在、バージョンアップお知らせ機能に対応していないファームウェア(Ver.2.60以下)をお使いの方は、従来どおりの方法で最新ファームウェアにバージョンアップしてください。

【Ver3.10をご利用のお客様】
  1. VoIPアダプタのLANポートとお使いのパソコンを接続します。
    背面図
  2. ブラウザを起動し、設定画面を開いてください。
    アドレス欄に「http://192.168.100.1/」を入力してください(VoIPアダプタのアドレスを変更している場合は、変更したアドレスを入力してください)。
  3. 設定画面左側のメニューから、以下の手順で設定します。
    (1) 「IP電話設定」をクリック。
    (2) その下に表示される「IP電話設定」をクリックし
    (3) 「お知らせ通知音」が「ON」であることを確認してください。
    (4) 「設定変更」をクリック。
    設定画面
  4. 設定画面左側のメニューから、以下の手順で設定します。
    (1) 「設定情報の確認」をクリック。
    (2) その下に表示される「設定情報の確認」をクリックし
    (3) IP電話サービスの設定値の中の「アップデートURL」に「http://www.cpeinfo.jp/」を入力。※
    (4) 「設定変更」をクリック。

    (3)にて「お知らせ通知音」を「OFF」から「ON」へ変更した場合は、上記のURLが自動的に入力されます。
    設定画面
  5. VoIPアダプタが自動的に再起動します。再起動が完了すれば、 バージョンアップお知らせ機能が動作を開始します。
【Ver2.61、2.63、2.69、2.70をご利用のお客様】
上記の【Ver3.10ご利用のお客様】の設定方法において、「1,2,4,5」項の設定を行ってください。

バージョンアップ情報の確認方法とバージョンアップ方法

  1. VoIPアダプタのLANポートとお使いのパソコンを接続します。
    背面図
  2. ブラウザを起動し、設定画面を開いてください。アドレス欄に「http://192.168.100.1/」を入力してください(VoIPアダプタのアドレスを変更している場合は、変更したアドレスを入力してください)。
  3. 設定画面左側のメニューから、(1)「ファームウェアの更新」をクリック、(2)「ファームウェアの更新」をクリックしてください。
  4. 「自動アップデート」の欄に、更新情報が表示されます。
    『新しい更新はありません。』と表示される場合。
    ファームウェア更新情報はありません。既に最新のファームウェアでご利用いただいています。なお、『更新確認』をクリックすれば、最新の状態を手動で確認することができます。
    設定画面
    『新しい更新があります。』と表示される場合。
    ファームウェア更新情報があります。
    『ファームウェアの更新』をクリックすれば、最新ファームウェアへのバージョンアップが開始されます。
    設定画面
【バージョンアップを行う前に】
バージョンアップによって追加や変更になる機能等について、事前にバージョンアップ情報で確認してからバージョンアップを行ってください。

【バージョンアップ中のご注意】
バージョンアップ処理中は絶対に電源を切らないでください。
回復不能な故障の原因となります。
ファームウェアのバージョンアップ中は、IP電話をご利用いただけません。IP電話通話中の場合は、通話を終了してから、ファームウェアのバージョンアップを行ってください。

ファームウェアをダウンロード中は下記の画面が表示されます。
ファームウェア更新中

作業が完了するまで電源を抜かないでください。

ファームウェアをダウンロード後は再起動が始まり、下記の画面に切り替わります。
設定登録完了画面

VoIPアダプタのランプの状態がファームウェア更新前と同じ状態になれば、ファームウェア更新完了です。

VoIPアダプタのLANポートからパソコンのLANケーブルを抜き、元のようにブロードバンドルータ等へ接続してください(普段ブロードバンドルータ等にパソコンを接続されて使用されている場合)。
接続

【ご注意】
「Web Caster GateLock X300」と接続された状態で、「VoIPアダプタ」のバージョ ンアップを行う際 は、「Web Caster GateLock X300」の「ウイルス対策オプション」の「Webメール」を無効にしてください。あるいは、「Web Caster GateLock X300」を外し、「VoIPアダプタ」をルータモードに設定変更を行い、直接バージョンアップを行ってください。
ファームウェアのバージョンアップ中及び起動直後は絶対にVoIPアダプタの電源を落とさないでください。VoIPアダプタが起動できなくなり、使用できなくなる場合があります。
ファームウェアのバージョンアップは、必ず通話が終了してから実行してください。また、ファームウェアのバージョンアップ中はVoIPアダプタを介した通信ができなくなりますので、もし通話を行う際には、スプリッタのPhoneポートに電話機を直接接続してください。
ピックアップ
法人のお客さまはこちら


■表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。 ■請求書などの発行有料化および無料でのご利用手続きなどについて、詳しくはこちら